歌詞の部屋 1号室




「君のAngel Heart」作詞:K

Ah  オレはナイフ  愛に  餓えたナイフ(fu)  アスファルトに消えた1つの  cotton love 

嗚呼  どうすりゃいいんだい?  オレの女神マイヴィーナス  Ah  キミにメロメロさ 

Ah  君のAngel Heart  このままボクと  fly with me(恐がらないで)
Ah  君のAngel Heart  このままこのまま  fu

「失くしてないよね?Angel Heart みんな、みんなまだ持ってるよね?Angel Heart 
良かった、ホントに良かった!」 

Ah  君のAngel Heart  このままボクと  fly with me(恐がらないで) 
Ah  君のAngel Heart  このままこのまま  love'n new 

※初めて作った曲。最初の「オレはナイフ」が歌いたくて作ったような歌。中学生レベルの歌詞等歌うのが一番恥ずかしい歌。(K)




「哀~解けないルーヴィックキューブ・キス~」作詞:カシミールナポレオン 


ずらりと並んだ蝋人形  手招く魔女  
擦り込まれていく罪  瑠璃色の固い手足(LIKE A MARIONETTE) 
スネークの様な腰つき  よれたブラウス  
染み込んでいくジェラシー  ルーヴィックキューブ・キス(解けない)

*愛のせいで見えなくて  一人寂しく過ごした夜  
  愛のために生まれてきて  自分の夢追いかける
  堕ちていく一人の騎士  愛・哀・AI

グルメ料理に惑わされて  うざったいモーニング 
照らし出されたインモラル  ルーヴィックキューブ・キス(解けない)

* 

死に神が忘れてった鎌拾い上げて(スーサイドラヴ) 
溶ろける憎しみ抱きしめる(プラスティックラヴ)
ヴィニールにくるまれた欲情  失われたイノセンス

*×2 

※ライブの1曲目によく歌う。「ヴィジュアル系っぽい言葉しりとり」をして作ったためボキャブラリーがエンジェルハートに比べ大幅に増えている。しかし脈略はない。(K)




「お前へのテレフォン」作詞:カシミールナポレオン 

電話のベルが夜を切り刻む 
お前へのテレフォン  to you 

※切り刻む~の後にhakuが言う「プシュウー」は真夜中の緊迫した空気を表現したもの。だがよくみたらただ電話を教えてくれてるだけで全然ヴィジュアル系じゃない。ぜひ着メロにしていただきたい。(K)




「カシミールナポレオンのテーマ」作詞:カシミールナポレオン 

中世の国からやってきた  魂の叫びが耳をつんざく
ジーンズの破れも気にせず  図鑑にのらない君の名を探す 
誰かオレにめぐんでくれ  貴族のような華麗な舞を

※初ライブ前、曲が2,3曲しかないので急遽作成。メロディをつけるのが大変という理由で語りの曲に。しかも歌詞覚えるのが大変という理由で全部しりとりになっており、確か本当はもっと長かったけど忘れた。(K)




「死愛(デッドラブ)」作詞:haku 


底なし沼の感情 愛に飢えたけもの 
手首から流れる 血のりはスパイシー 


心に刺さる短剣 君のためなら戦う 
首つり死体が こちらにスマイル 


死ぬことなんて 青い世界への旅さ 


デッドラブ ひずんだ世界 
デッドラブ 曲げられたモラル 
デッドラブ 禁断のラブファンタジア


※hakuが、自身が参加できないKの大学部活キャンプ余興ライブ用に提供してくれた曲。後に珍しいhakuメインボーカルの曲に。(K)




「ラ・ミサ~シルヴィアに捧ぐ~」作詞:K

首のとれたフランス人形 糸の切れたあやつり人形
貼り付け台には血まみれのヨハネ 今宵この城は魔界の入り口 

*愛してるさ殺したいほど(I'm in love with you like a kill you)
  Ah Ha(Fu) Ah Ha(Fu)…… 

ゴルゴダの丘は死霊が彷徨う 静かに流るる血の色の涙 

* 

「なぁシルヴィア、いいだろう?

こんなにもオレはお前を愛しているんだぜ…

お前だけをな!

そうだな…式は丘の上の海の見えるチャペルにしよう。

そして眺めのいい家に住み、毎日毎日歌を歌おうじゃないか…

レクイエムをな!」 

*×2

※2002年の神戸外国語大学祭での復活ライブのため書き下ろした曲。響きを重視したため英語の文法はメチャクチャ。関西に住む相方に送るために作成したデモテープは自室でお母さんに聞かれないよう注意して「シルヴィア…いいだろう?」等吹き込む。(K)




「プロミス」作詞:haku

お前のはだけた  ブラウスはシルクロード 
ときめき以外は  何でも運んで来てくれる 
ピンポイントで攻めてくる  冷めた瞳 

水色のヴィーナスの  締めつける孤独は 
ダイナマイト抱えた  血塗れた兵士と同じ 
ファイナルジャッジの  ネガティヴラブ 

溜め込んだ悲しみ  (no no cry)
フェイクファーで包み込む (no no shy)
とにかくここで待つしかないのさ 
禁断の約束の地で  (no no, no no promise)

※これも神戸大ライブのために書き下ろされたが、メロディが思い浮かばずお蔵入りに。後に日の目を見る。「とにかく ここで待つしかないのさ~」の部分が歌っていてとても気持ちいい。ライブやカセットではショートカットヴァージョンだが、それは2番があるのを忘れていたため。(K)




「YOU ARE HONESTY」作詞:haku

吐息のもれる こよいは 
修道女たちの 禁断の部屋 
乾いた瞳で こちらへおいで 
扉を開ければ 悪魔のウィスパー 

ささやいてくれ 気が狂うくらい 

たいまつのあかり 
よだれの海 
ナイフが光る 
Don't wanna live in innocent world 

※大学時代に関西に住んでた時、作曲も演奏もできる高校時代からの友人に即興で録音してもらった曲。「エアロスミスな感じで」と注文した覚えがある。「こんなんでいいの?」という友人の言葉にとまどった。「よ~だ~れ~の~海~」という歌詞で、練習中何度も爆笑できた思い出があるお気に入りの曲。でも歌詞覚えてない。(haku)
※それでも 自分には十分レベル高く、歌うの難しい。レコーディングの時音源なくてしょうがなくテクノヴァージョンに。その後見つかって一人で録音したので2ヴァージョンある。やっぱり「よだれの海」は秀逸。(K)




「ヘルロケンロー」 作詞:カシミールナポレオン

雨に濡れた君 緑色の家  
襟を立てたコート 時を刻む音 

TO・TO・TO・TO・止まれよ  
YO・YO・YO・YO・喜べ 
お前と お前の ハーモニー 

オー ワナビロケンロー オーナイ 
オー ワナビロケンロー オーナイ 

A!B!C!D!E!F!G!Hell!… 

※ライブ終盤に披露される事が多い曲。原点のヴィジュアル系っぽい言葉しりとりに戻って作られた。屈強な男が力強くするイメージがあるダイブを華奢な男が弱弱しくしたらどうなるかとA!B!C!D!の時にダイブする構想だったが毎回遠巻きにもしくは体操座りとかで見られるため出来ずに中途半端に終わる。(K)